子どもの写真を可愛く綺麗に撮る

subpage-img

我が子の写真は何枚あっても可愛いですが、他人から見ると同じようなものばかりということも。


プロのように綺麗に撮れた写真を残したいですよね。

モービルマッピングの情報が詰まったサイトです。

躍動感溢れるショットを撮る方法としては、歩けるようになった子であれば、一緒に走ります。

撮り手も必死に走ると、子どもも思わず笑ってしまい、元気いっぱいの写真になります。

昔と違いブレてしまっても削除することも簡単ですから、沢山シャッターをきると何枚か良いものが撮れます。


脇をしっかり締めればぷれもおさえられます。

立ったまま撮りがちなので、上からのショット多いものです。

子どもと同じ視線で撮ると、また違った表情が出てきます。
子どもの背丈の小ささを生かして、新緑や花をバックにアップで撮れば、雑誌の切り抜きのようになります。



まだねんねの赤ちゃんならば、顔まわりに色鮮やかなおもちゃを置くのがおすすめです。

赤ちゃんは単独でアップの写真をつい撮影しがちですが、大きさの比較対象になるよう引きの物も撮ると成長がわかっていいです。


赤ちゃんばかり撮りがちですが、お母さんも忘れずに撮ることも大切な事です。

プロのカメラマンさんに、どうしたら良い写真が撮れますかと聞いたところ、沢山とるとの答えが返ってきました。本当にその通りだと思います。



カメラを構えると子どもも構えてしまったり、同じようなポーズばかりだったり。

でもいつも自然に撮っていると、撮られ慣れて自然な動きをしてくれます。

top