プロテインは近年多くの人に利用されるようになり、従来はボディビルなど特殊な筋肉をつける人のものとなっていましたが、近年では一般の人でも基礎体力や体のバランスなど、様々な方面で非常に効果的な栄養素に用いられるようになっています。そのため、プロテインの需要は非常に大きくなっており、これに合わせて様々なメーカーが商品を開発し販売するようになってきました。しかしプロテインは様々な栄養素を含み体に大きな影響を与えるものであることから、その安全性と効果が非常に重要なものとなっています。ただし近年は利用者の増加や人気の高まりもあり、中には十分な検査を行わないまま販売される、効果が不確かなものも少なくありません。

その中で今回、イギリス売上NO1の売り上げを誇るPhDプロテインが日本で発売されることになり、多くの注目を集めています。イギリス売上NO1の人気を誇るこのプロテインは、2006年に2人のトレーナーが考案したもので、ボディービルの経験と栄養学の知識を持つこの2人がその経験と知識を生かして、効果と安全性を十分に検討し開発したものとなっているのが特徴です。効果的にタンパク質を摂取することができるばかりでなく、安全性も十分に検証されていることがイギリス売上NO1の実績につながっており、日本でも多くのファンが現在も存在しています。今回上陸するのはフレーバーのほか、気軽に食べることができるスマートバーも含まれており、非常に食べやすいものとなっているのが特徴です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です