脂肪酸は、体内で様々な働きを行なっています。例えば、細胞の表面を覆っている細胞膜を構成しているのも脂肪酸です。亜麻仁油に含まれているオメガ3系脂肪酸を多く摂取することで、細胞膜を柔軟にすることができます。細胞膜が柔らかくなると、栄養が吸収されやすくなります。

すると血管がしなやかになり、肌もふっくらとして弾力を保てるようになります。脂肪酸にはいくつか種類がありますが、理想的な摂取バランスは、オメガ3系:オメガ6系=1:4と言われています。オメガ6系は肉やバターなどに多く含まれている脂肪酸で、とりすぎるとアレルギーのリスクが高まります。オメガ3系脂肪酸は魚、亜麻仁油などに多く含まれていて、アレルギー症状を抑える効果があります。

昔の日本人は魚をたくさん食べていたので、オメガ3系は十分にとれていましたが、最近では肉メインの食事が増えているので不足しやすいです。魚を調理するのが面倒くさい人や、魚の味が苦手で食べられないという人は、亜麻仁油を使ってみるとオメガ3系の不足分を補うことができます。亜麻仁油にはαリノレン酸が含まれていて、これは体内に入るとDHAやEPAなどの不飽和脂肪酸に変化します。脳を活性化させたり、アレルギーに強い体を作るなどの効果が期待できます。

オメガ3系脂肪酸の摂取量が十分になれば、細胞膜が柔らかくなって血液のめぐりが良くなったり、肌がふっくらとする美容効果なども期待できるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です