現代人の食生活の中で、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸のオメガ6系の脂肪酸は摂りすぎているといわれています。飽和脂肪酸とはラードやバターなどの動物性の脂で、オメガ6系の脂肪酸とは加工食品にも多く使われているサラダ油や大豆油などです。これらの脂肪酸は身体のエネルギー源となりますが、摂りすぎると体内に炎症物質を発生させて細胞を傷つけてしまいます。アレルギー症状、動脈硬化、認知症、ガンなどの病気を引き起こす原因になってしまう油です。

その一方で、不足しているといわれているのが不飽和脂肪酸のオメガ3系の脂肪酸です。オメガ3系の脂肪酸には、DHAやαリノレン酸などの成分が含まれています。オメガ6系脂肪酸の摂りすぎによって起こった炎症を抑えて、正常に戻す働きを持っている成分です。DHAは青魚に多く含まれているといわれていますが、新鮮な生の状態の魚に多く含まれているため、毎日摂取するのは難しいでしょう。

そこでおすすめなのが、亜麻仁油です。亜麻仁油には、血液をサラサラにしたり、脳の働きを良くするDHAや、脳の神経細胞を活性化させて認知症を予防するαリノレン酸、ポリフェノール成分でコレステロール値を下げたり、骨粗しょう症を予防したり、女性ホルモンと同じ働きをして更年期障害の予防や改善をする亜麻リグナンなどの健康成分がたくさん含まれています。亜麻仁油がおすすめなのは、1日小さじ1杯で必要量が摂取できるので、継続しやすいということもあります。ただし熱に弱いため、サラダや豆腐にかけるなどして、生の状態で摂取することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です