亜麻仁油は亜麻の種子から摂れる油で、食用に多く用いられています。オメガ3脂肪酸が豊富で、その中でもα―リノレイン酸を豊富に含んでいます。オメガ3脂肪酸は青魚やシソ油などにも多く含まれます。神経細胞を覆う膜が柔らかくなって頭の回転が速くなるという効果が期待できます。

学習障害の子供、発達障害の子供、鬱の症状がある人は特に多く摂ったほうがいいと言われています。亜麻仁油にはDHAも含まれます。子供の脳の発育にはDHAは必須です。妊娠中、授乳中の母親は特に多く摂取することを推奨されています。

DHAの推奨量は1日に250~500㎎です。DHAは青魚から摂るのが望ましいですが、足りない分はサプリメントがおすすめです。オメガ3脂肪酸のαーリノレイン酸には脳の神経細胞を活性化させる働きがあります。えごま油と亜麻仁油を比較するとα―リノレイン酸はえごま油の方が6%ほど多く含まれています、値段はほとんど変わらないため、好みの方を選ぶといいと思います。

どちらの油も外国産より国産のほうが品質がいいためお勧めです。オメガ3には肌荒れ改善、女性ホルモンを整える、血行促進など多くの効果が期待できます。食物繊維も豊富で腸内環境を整えます。亜麻仁油は亜鉛、ビタミンB群、マグネシウムと一緒に摂ると効果を発揮しやすくなります。

日本人は胃酸が少ないため、亜麻仁油の栄養価が吸収されにくい傾向にあります。そのためこれらの栄養素と組み合わせるのがおすすめです。宅トレ(自宅トレーニング)のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です